ペットと住むなら避けたい無垢材

注文住宅を建てる際、床材は無垢にしたいという人は多いです。無垢とは、人工的に作ったフローリングではなく、余計なものを追加していない天然の木のことを言います。これを床材にすることで節やアロマ効果、時が経つにつれて色味に味がでる経年変化などが楽しめます。しかし、ペットと一緒に住むとなるとデメリットが生じます。無垢は傷に弱いのです。
しかし、どうしても無垢が良いという場合には対策法があります。1つは、無垢材の中でも固めの樹種を選ぶことです。硬いと傷つきにくくなるので、ナラやタモ、ローズウッドなどがオススメです。しかし、無垢には変わりないので、やはりフローリングに比べると傷の弱さは目立ちます。
もう1つ、無垢に塗装を施すという手もあります。塗装にはウレタン塗装や自然塗装がありますが、ウレタン塗装だと無垢の良さを塗膜が覆ってしまうので、わざわざ無垢を選んで意味がなくなってしまうのが難点です。自然塗装の方が人気があり、より自然に近い状態を保てます。
ペットがいるということは床材は汚れるものだと覚悟しておいた方が良いので、無垢材を選択する際には十分な注意が必要です。ペットが入らない寝室だけ無垢にすることなども考えておくと良いでしょう。